2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
この色が定休日です
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
この色が定休日です
レビューについて レビュー
 

トップ > スーパーエクセレントシリーズ(サプリメント) > TypeL L-カルニチン
★★お悩み別はコチラから > ★ダイエットに! > TypeL L-カルニチン

TypeL L-カルニチン

純粋なL-カルニチン100%を粉末にしました。
年齢とともに不足しがちなL-カルニチンは,エネルギーにかかわるアミノ酸です。

L-カルニチンが不足すると中性脂肪は燃焼されず、肥満になりやすくなります。これが中年太りの原因です。
中年太り、老化が気になる方に特におすすめです!
価格 : 9,500円(税込)
ポイント : 475
数量
 

15,000円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 名 称/L-カルニチン末
    原材料/L-カルニチン100%
    内容量/100g
    付属品/計量スプーン1本(ボトル内封入)
    用 法/飲料に混ぜるなどしてお召し上がりください。1日に500〜2000mg
    保存方法/高温多湿を避け、密封して冷暗所保管
    賞味期限/容器に記載

    karuni1説明 karuni2説明
    【成分の解説】L-カルニチンL-Carnitine
    -基本情報
    L-カルニチンはアミノ酸の一種で、体内では必須アミノ酸であるリジンとメチオニンから肝臓や腎臓で合成され、主に筋肉細胞に蓄積されています。 植物油や動物脂の大部分は長鎖脂肪酸で構成されています。長鎖脂肪酸を細胞内のミトコンドリアに運ぶ働きがあるのがL-カルニチンであり、ミトコンドリアに運ばれた長鎖脂肪酸は、クエン酸回路によって代謝されてエネルギー(ATP)に転換され、ここで初めて人体の活動源として消費されます。 長鎖脂肪酸単体ではミトコンドリアに入ることができないので、L-カルニチンが不足すると長鎖脂肪酸はミトコンドリアに運ばれなくなり、消費されなかった長鎖脂肪酸は中性脂肪に変化し、白色脂肪細胞(主に皮下組織・内臓に分布)に蓄えられて細胞が膨張し、皮下脂肪や内臓脂肪が増加します。
    -加齢との関係
    L-カルニチンの体内量は30歳を超える頃から徐々に減少するので、加齢と共に長鎖脂肪酸が消費されにくくなります。従って、中年期以降に太りやすくなる要因として、L-カルニチンの不足が関係していると言えます。
    -L-カルニチンを含む食品
    L-カルニチンは食事摂取によって体内に補給することが可能で、L-カルニチンを多く含む食品は、羊肉や鹿肉、牛肉などの反芻動物の赤身肉です。豚肉や鶏肉にも含まれますが、豚肉は牛肉の3分の1、鶏肉は牛肉の6分の1程度の含有量となっています。 体内で使用されるL-カルニチンは、4分の1が体内合成、残り4分の3が食事からの補給でまかなっていると言われているので、肉類からの積極的な摂取が必要となってきます。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
 
 
氏名内容評点日付
 
けんしろう去年の7月から約1年くらい使っています。 朝のジョギング...2019/08/27

ページトップへ